【ハワイで不動産購入】ハワイで「バケーションレンタル」を利用するメリットとは?

物件の利用方法

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

ハワイには常夏の気候と美しいビーチをはじめとした観光資源があり、世界中から観光客が訪れます。ハワイはリピーターも多く、観光スポットを回るだけでなく、ハワイで暮らすようにある程度の期間滞在したいという方も多いのではないでしょうか。

そんなハワイにはある程度の期間滞在したいという方向けに「バケーションレンタル」という、いわゆる民泊のようなシステムがあります。

今回は、新たな滞在方法であるバケーションレンタルについて解説していきたいと思います。

バケーションレンタルとは

「バケーションレンタル」とは、個人が所有しているコンドミニアムや別荘を、観光客に貸し出すもので、日本でいう「民泊」に近いシステムです。 日本で民泊が浸透してきたのは最近ですが、ハワイやヨーロッパではバケーションレンタルは以前から行われていました。

バケーションレンタルはインターネットからの申し込みが一般的です。 民泊の仲介会社大手の「Airbnb」や民泊予約サイトの「ホームアウェイ」、最近ではH.I.Sなどの大手旅行会社からもバケーションレンタルの利用ができます。 なぜバケーションレンタルがハワイで人気なのか、バケーションレンタルを利用するメリットを紹介します。

バケーションレンタルを利用するメリット

バケーションレンタルを利用するメリットは主に以下の3点です。

  • 宿泊費や食費を節約できる
  • 大人数でも気兼ねなく、皆で宿泊できる
  • ハワイの暮らしを、よりリアルに体験できる

(1)宿泊費や食費を節約できる

バケーションレンタルでコンドミニアムに宿泊した場合、宿泊費はホテルよりも少し安くなりますね。

もちろん立地や設備などの基準を同じにしたうえでです。コンドミニアムにはほとんどの場合、独立したキッチンを始め、オーブンや冷蔵庫などが完備されています。

そのため外食で食費がかさむことも、チップを食事の度に払う必要もなく、食費も安くなるのです。

(2)大人数でも気兼ねなく、皆で宿泊できる

バケーションレンタルなら一軒家もレンタルでき、大人数でもバラバラにならず過ごせます。

ホテルで家族やグループが宿泊しようとすれば、部屋は分かれることでしょう。

しかし一軒家をレンタルすれば全員が同じ部屋に泊まれ、かつ周囲をあまり気にすることなく過ごせるのです。

(3)ハワイの暮らしを、よりリアルに体験できる

バケーションレンタルを利用すればホテルと違う、よりリアルなハワイの生活を体験できます。

バケーションレンタルでは、食事の用意はもちろん、部屋の清掃サービスもありません。そのため炊事や洗濯、掃除などの家事を自分たちでしなければなりません。しかし地元のスーパーで食材を買うなど、ハワイでの生活を楽しめるのです。

コンドミニアムのオーナーになったら知っておくべきこと

ここまでは自身がコンドミニアムなどを借りる場合について説明しました。 次に、不動産を購入しオーナーとしてコンドミニアムなどを貸し出す際、知っておくべきことを解説します。

コンドミニアムの場合

まずコンドミニアムのオーナーになった場合に知っておくべきことは2つです。 それは「管理会社への支払いの額」と「税金の支払い」です。 管理会社は基本的に不動産の管理から宿泊客への貸し出し、トラブルになった場合の対応などを行います。しかし管理会社に一任できる分、支払う額も相応のものになるのです。

次に税金の支払いも重要です。 ハワイは当然ですがアメリカの税法が適用されており、日本とは違います。また日本でもハワイの不動産収入の申告をしなければならず、二重課税にならないよう、外国税額控除も含め申告しなければならないのです。

そして、不動産を購入するうえで最も気になるのが固定資産税です。 固定資産税は不動産の目的によって異なりますが、基本的には日本よりも安いです。 そのためしっかりと賃料を確保できれば、十分に賄える金額と言えるでしょう。

ホテルコンドミニアムの場合

ホテルコンドミニアムとは、ホテルの部屋を不動産として購入し、観光客に貸し出すシステムです。 ホテルコンドミニアムについても、コンドミニアムと同様「管理会社またはホテルへの支払いの多さ」と「税金の支払い」については認識しておきましょう。 しかし他にも知っておくべきことを6つ紹介します。

-ホテルコンドミニアムはワイキキに集中しているが、現在はアラモアナにも増えている。 -新しいホテルコンドミニアムには、短期バケーションレンタルを許可していないものもある。 -ホテルコンドミニアムを購入する際、ハワイの銀行融資を利用するなら、融資額の50%は最低でも用意しなければならない。 -固定資産税はコンドミニアムよりも、ホテルコンドミニアムの方が高い。 -条件が良く人気のホテルほど、実質的な利回りが低くなる。 -時期によってはオーナーが利用できない期間もある(オーナーとして宿泊できる上限日数を定めているホテルコンドミニアムもある)。

ホテルコンドミニアムについて知っておくべきことを紹介しましたが、メリットも多くあります。自身の別荘として利用できることはもちろん、安定した家賃収入も見込めるのです。

基本的にワイキキや、現在開発に力を入れているカカアコにあるため、家賃を相場とかけ離れたような価格にしない限り、空室になり続けることは少ないです。

また管理会社への支払いが多い分、不動産の管理は一任できます。 普段の維持をはじめ、宿泊客がトラブルを起こした場合なども管理会社が対応します。一部の管理会社は日本語を話せるスタッフもいるため、そういった点でも安心と言えるでしょう。

まとめ

ハワイの不動産は外国人からも人気が高く、特に日本人による購入は多い傾向にあります。ハワイが一大観光地であり、気候によるオフシーズンもないため、貸し出しても空室のリスクが少ないのも魅力といえます。

他にも、古い中古物件でもそこまで価格が下振れしないこと、管理の手間が少ないこと、そして日本語に対応した管理会社があるなどの魅力があります。

バケーションレンタルは、借りる側・貸す側両方にとってメリットも多い滞在方法ですの。事前に注意点など知っておくべきことを理解した上で上手に活用していきましょう。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理