リッツ外観画像1 リッツ外観画像2
リッツ外観画像1
リッツ外観画像2
The Ritz-Carlton Residences

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチ

概要

世界のハイブランドが一堂に会するラグジュアリー・ロウと隣接する、ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチは、同系列ブランドでは、世界初のホテルレジデンス施設として、2016年にタワー1(エヴァタワー)、2018年にタワー2(ダイヤモンドヘッドタワー)がそれぞれオープンしました。

ワイキキ・メインストリートのカラカウア・アベニューに面してなお、静寂が保たれつつ、フォート・デ・ルッシー・パーク越しにオーシャンビューが眼前に臨めるその立地は同ホテルの大きな魅力です。またソフト面においても、館内のあらゆる場面で「日本人目線で心地よく過ごすため」の提案が取り入れられており、充実の室内設備は勿論のこと、タワー二棟の広大な敷地を利用した大小二ヶ所のプールや、テナントでは、江戸前鮨の最高峰として食通をうならせてきた、四谷の名店「すし匠」はオープン直後から連日満席の賑わいを見せています。

日本でもお馴染みの「クレド」に代表される、独自のサービス哲学と最上級のホスピタリティ。ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチのオーナーになることにより、ご自身の滞在時には世界が認めるトップ・ホスピタリティを、滞在されない期間は、レンタルプログラムに参加されることにより、一定の賃貸収入を同時に享受することが可能です。

眺望

ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチの最大の魅力は、全室で確保されるオーシャンビューです。フォート・デ・ルッシー・パーク越しに広角的に保たれる眺望は、ビーチフロントとはまた一味違った、穏やかな雰囲気と開放感が共存しています。また、エヴァ・タワーへの景観配慮の観点から、ダイヤモンドヘッド・タワー26階より上層階は、建物構造に「ひねり」が加えられていることが特徴です。
街並みに配慮された緑化が施される、建物背面のクヒオ通り側には、館内各室へアクセスする廊下が配され、ガラス越しにマウンテンビューが楽します。特に夜間帯、山々に広がる住宅街の明かりには、ハワイの新たな魅力を発見できる一助となることでしょう。

室内設備・
アメニティ

全室にフルサイズのソファーベッド、洗濯乾燥機、キッチン(Miele)、冷蔵庫(Sub-Zero)、電子レンジの他、食器やグラス・シルバー類、無料WI-FIが、2ベッドルーム以上のカテゴリーには、ワインセラーが完備されています。また、バスルーム内での可動式のシャワーヘッド、肩まで浸かれる深いバスタブ、ウォシュレット等、日本人の好みを熟知した、ザ・リッツカールトン・ブランドらしい、滞在への工夫と配慮が随所に取り入れられています。
モダンでありながら淡い色調に統一されたアイランドテイストの内装は、室内からの眺望と相まって、リラックスのひと時を提供してくれます。
バスアメニティは、英国王室御用達ブランドとしても有名なAsprey(アスプレイ)を採用。ADA(Americans with Disabilities Act/アメリカ障害者法)の条件を満たす、バリアフリー仕様のお部屋も各カテゴリーにあります。

テナント

ハワイ初出店のディーン・アンド・デルーカは、ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチの顔ともいえる、1階エントランスロビーで皆さまをお迎えします。世界中の多彩で美味しいものを提供する、食のセレクトショップである同店は、日本でもお馴染みの高級食材やデリカテッセンの取り扱いの他、2階には、厳選されたワインセレクションを楽しめるバーも併設されています。
江戸前鮨の名店として知られる四谷すし匠は、「ハワイから世界一の鮨屋」を掲げる中澤圭二大将自らが舵を取り、海外出店を果たしました。ネタは地産地消にこだわり、魚それぞれが持つ本来の味を引き出すため、40種類を超えるネタ一つ一つに異なる方法で下ごしらえを施します。メインカウンターわずか10席と個室に限定された店内では、連日世界中からのゲストを魅了し、ハワイの食のシーンを席巻し続けています。
ハワイの清々しい風を感じながら、モダンフレンチが楽しめるラ・ヴィは、ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチのオールデイ・ダイニングとして、あらゆる食の場面で、ゲストのニーズを満たしてくれます。コースは各メニューの自由な組み合わせにより、自分だけのオリジナルメニューを作ることができ、ビジネスシーンでも利用可能なプライベート・ダイニングルーム(最大10名)も併設されています。
315平米のゆったりとしたフロアでは、ハワイ島の火山ホットストーンや、オアフの熱帯雨林の雨滴など、伝統的なハワイアン・ヒーリングを取り入れたマッサージが提供され、フェイシャル、スキンブースターなどのトリートメントメニューも充実していますので、到着日から全身のリフレッシュを促してみてはいかがでしょうか。各国のラグジュアリーホテルでも提供されるESPA社のスキンケア・プロダクトも好評です。

物件概要

名称
ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ/The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach
地区
ホノルル・ワイキキ
住所
383 Kalaimoku Street, Honolulu, HI 96815 USA
竣工年
エヴァタワー:2016年/ダイヤモンドヘッドタワー:2018年
総戸数
554戸(エヴァタワー:308戸/ダイヤモンドヘッドタワー:246戸)
階数
38階
高さ
350ft/約107m
間取り
スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルーム、2ベッドルーム+デン、3ベッドルーム、3ベッドルーム+デン、4ベッドルーム
室内専有面積
約37~393㎡/約11~119坪
階高
エヴァタワー
9階ー22階:2.55m
23階ー32階:2.55m
33階ー36階:2.77m
37階ー38階(ペントハウス):5.8m

ダイヤモンドヘッドタワー
10階ー25階:2.55m
26階ー33階:2.55m
34階ー36階:2.77m
37階ー38階(ペントハウス):5.8m
敷地面積
5,671㎡/1,707坪
所有形態
完全所有権/Fee Simple
開発業者
PACREP LLC/パックレップ LLC