ハワイで不動産を購入した時にかかる税金とは?

購入時のコスト

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

ハワイに不動産を保有したい方は、富裕層を中心に近年、非常に増えています。ハワイの不動産が人気の理由は、ハワイの不動産は値崩れがしにくいことや、減価償却として計上できる金額が日本よりも大きいなど様々な理由があります。

ハワイの不動産は常に需要過多の状態が続いているので今後も不動産の価格は安定的に上昇していく可能性が高いと考えられています。

魅力あるハワイ不動産ですが、いざ不動産を購入するときに、大きな負担になるのが税金です。

そこで今回は、ハワイ不動産にかかる税金についてわかりやすく説明していきます。

ハワイの不動産購入にあたってかかる税金は少ない

ハワイの不動産の購入を検討している多くの方は、不動産購入時の税金が気になると思います。

日本で不動産を購入する場合、印紙税や登録免許税、消費税や不動産取得税など様々な税金がかかります。

日本で不動産を購入する場合、多くの税金がかかるのでハワイで不動産を購入する際もいろいろな種類の税金がかかると思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、ハワイで不動産を購入する場合、日本のように様々な税金がかかることはありません。

ハワイの中古不動産を購入する際にかかる税金は、固定資産税のみです。不動産を購入し、名義変更をした時から計算して日割で固定資産税を負担する必要がありますが、日本の不動産のように登録免許税や不動産取得税などがかかることはありません。

購入後毎年かかる固定資産税

ここでは、ハワイの不動産を購入した場合に唯一かかる税金である固定資産税について説明します。

日本の固定資産税の計算期間は、4月1日から翌年3月31日ですが、ハワイの固定資産税の計算期間は、7月1日から翌年6月30日までになります。

つまり、2020年分の固定資産税は、2019年7月1日から2020年6月30日までの期間が対象です。またハワイの固定資産税の大きな特徴は、地方によって税率が定められていることです。

そのため同じハワイ州の中でも、 島によって税率や資産区分が異なってきます。

ハワイ州の固定資産税率

ハワイ州の固定資産税率は以下の要素によって決まります。

  • 地域(ハワイ島、オアフ島、マウイ島、カウアイ島)
  • 居住者(本人所有化本人以外が所有しているかどうか)
  • 物件 (コンドミニアム、 ホテルなど)
  • 固定資産税評価額

などによって固定資産税率は異なってきます。

例えば「Hotel and Resort」所有者の固定資産税率は、

  • ハワイ島…1.155%
  • オアフ島…1.39%
  • マウイ島…1.1%
  • カウアイ島…1.085%

出典:http://www.localrealestatehawaii.com/resources/property-taxes/

となっています。ハワイの固定資産税率は毎年10月に決まります。ここ最近は、ハワイの不動産マーケット価格は上昇していたので毎年固定資産税率も上昇しています。

2019年から2020年にかけての大きな変更点

2020年の固定資産税率も 2019年と比べ変更になりました。オアフ島の主な物件カテゴリーの税率は以下のようになっています。

  • Hotel and Resort:1.29%→1.39%
  • Residential:0.35%→0.35%(変わらず)
  • Residential A (>$1M):0.45%→0.45%(変わらず)
  • Residential A ($1M<):0.9%→1.05%

2020年に固定資産税が変わったのは、Hotel and Resort、Residential A ($1M<) です。Residential A ($1M<)に関しては、0.9%→1.05%と大幅に増税されています。

Hotel and Resortとは、ホテルやリゾートダイニング内の物件で短期賃貸を行っている物件のことを主に指します。

Residential A ($1M<)は、100 万ドル以上の物件のことをいいます。いまの米ドル/円の為替レートは大体1ドル110円なので日本円に直すと1億1,000万円以上の物件ということになります。

Hotel and ResortもResidential A ($1M<)も富裕層向けの物件なので今回の増税はまさに富裕層を狙い撃ちにした改定ということができます。

負担額はどのくらい大きくなったのか

2019年と2020年で Residential A ($1M<)の固定資産税はどのくらい大きくなったかについて実額で説明します。

例えば、固定資産税評価額が 100万ドルの物件の場合

  • 2019年:(100 万ドル+1,000) ×9=9.000 ドル (≒990, 000 円)
  • 2020年:(100 万ドル+1,000) ×10.5=10,500 ドル (≒1,155, 000円)

になります。大きく固定資産税の負担が大きくなったことが分かります。

今後もハワイの固定資産税は高級物件を中心に上昇する可能性が高い

ハワイの観光客は一向に衰える気配はありませんし、今後もハワイの不動産の人気はますます高まっていくと一般的には考えられています。

ハワイの人気が高まってくるとその分、 不動産の価値は高くなり、ハワイの不動産をすでに保有している人にとっては大きな売却益を狙えるかもしれません。

しかし、 ハワイの不動産の人気が高まれば高まるほど、 固定資産税の税率は高くなる可能性が高いです。 特に、 大きな税収を狙うことのできる富裕層向けの物件に関してはますますこの傾向が強くなると思います。

固定資産税についてはしっかりと調べましょう

今回は、ハワイの不動産を購入する際にかかる税金について説明をしました。 日本のようにハワイの不動産の購入には様々な税金はかかりません。

しかし、唯一かかる税金である固定資産税の税率は近年、上昇傾向にあるので購入する際の税金の種類が少ないからといって安心するのではなくしっかりと固定資産税について調べることが重要です。

※2020年6月時点の情報です。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理