ハワイの不動産購入で「戸建て」を選ぶメリット・デメリットとは

物件の選び方

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

小さな島が集まって構成されているリゾート地、ハワイ。毎年多くの旅行者がバカンスを楽しみにハワイの各島に訪れます。そんなハワイの不動産では、購入形態に様々なバリエーションが用意されているのがポイント。

購入者自身のみがオーナーになるシンプルなタイプから、複数人が共同でオーナーとなるタイプなど、好みの形で不動産購入、および運用が可能です。今回はハワイの不動産購入形態の中でお馴染みとも言える、戸建て物件の購入についてのメリット・デメリットをお伝えします。

ハワイで不動産を購入する際の選択肢とは

ハワイでの不動産購入を考えるならば、様々な購入形態が選択肢として用意されていることをまず、知っておきましょう。基本的に不動産購入の形態はフルオーナーシップ(完全所有権)とフラクショナルオーナーシップ(分割所有権)といったタイプに分かれており、前者が不動産運用の権利を購入者自身のみで持つタイプ、後者が運用権利を複数人共同で持つタイプとなっています。

そして、フルオーナーシップから更に派生するのが高級分譲マンションの一室を運用する形にあたるコンドミニアム、ホテルの一室のオーナーとなるホテルコンド、日本でもお馴染みである戸建て物件といった形態となります。この内コンドミニアムやホテルコンドの物件は地区の中心部やビーチ近くに建てられていることが少なくなく、戸建て物件は地区の中心部から離れた郊外などで見かけることが多い傾向にあります。

こうした物件ごとの立地の差は、物件を借りる旅行者達からの需要が大きく関係しています。ハワイに訪れる旅行者達は短期~中期の滞在がメインで、観光スポットへのアクセスや利便性を求めます。そのため、手続きが簡易で施設・サービスが充実しているコンドミニアムやホテルコンドが地区中心部に多く連なっているのです。

ハワイの不動産購入で「戸建て」を選ぶ3つのメリット

コンドミニアムやホテルコンドの需要が高まる中で、わざわざ戸建て物件を選ぶ意味はあるのか、と思う方もいらっしゃるでしょう。ハワイの戸建て物件はどちらかと言えば購入者自身の別荘や居住者向けの賃貸、資産としての投資運用が主体ですが、次項から紹介するようなコンドミニアムやホテルコンドに無いメリットも持ち合わせています。

運用の自由度が高い

ハワイの不動産購入で戸建てを選ぶメリットとして、まず挙げられるのが運用の自由度が高いということ。フルオーナーシップにあたる戸建て物件は、基本的に自身の好みに合わせてリフォームやコーディネートが行えます。また、日本のケースと異なりハワイの戸建てはプールなどの設備が備え付けられていたり、専有面積が広い傾向にありますので庭などでパーティーやイベントを楽しむことも可能です。

コンドミニアムやホテルコンドも同じフルオーナーシップに属しますが、部屋の外からは共有スペースとなるため、装飾の変更やメンテナンスすらも一切手を加えることができません。なおかつ、プールやフィットネスジムが施設として用意されていても、同じ物件の住人との兼ね合いを考えると自由度が高いとは言い切れないのが現状です。物件運用のしやすさという点では戸建ての方に大きく軍配が上がります。

好みの物件を選びやすい

戸建て物件は価格帯の幅が広く、設備や土地の範囲、部屋数など金額ごとに様々なタイプが存在するのもポイント。数十万ドルクラスでもルーム数が多い物件を選ぶことができますし、資金によっては数百万ドルクラスの豪邸も選択肢として含むことができます。

こちらもルーム数が限定されていることが多いコンドミニアムの物件には見られない特徴だと言えるでしょう。購入者側としては好みの物件を選びやすいので、満足のいく投資が行えます。

なお、日本と比較すると、ハワイは地震の発生機会がそこまで多くありません。その関係から、戸建て物件は木造の平家が主流となっています。

資産価値が落ちにくい

戸建ての場合、土地も購入する形になるので、地価の値上がりによるキャピタルゲインも期待することができます。また、築年数よりもロケーションの良さが価値に繋がる点やハワイの土地が限られている関係で需要低下を招きにくいという点も安心材料として考慮しやすいでしょう。

ハワイの不動産購入で戸建てを選ぶ2つのデメリット

ハワイの戸建て購入は前述したようにメリットが多数存在するので、不動産購入の選択肢として検討してみても良いでしょう。ただし、以下のようなデメリットも存在するので不動産の購入、および運用の際は十分注意してください。

物件を自己管理しなければならない

戸建ての自由度の高さはお伝えした通りですが、その利便性は裏を返せば自身でしっかり管理していかなくてはならないということ。例えば、広い敷地面積や娯楽設備があったとしても資産価値を下げないように室内・室外のメンテナンスを日々行っていかなければなりません。コンドミニアムやホテルコンドならば、管理組合や業者が定期清掃などを行ってくれるので、そういった手間の有無は好みが分かれそうです。

セキュリティについても戸建ての場合、購入者が対策を検討する必要があります。ハワイはそこまで犯罪が多い地域ではありませんが、それでも日本と比較すると様々なトラブルが発生しやすいので十分用心すべきです。

また、戸建てを購入する際はしっかり物件の状態をチェックした上で、取引をしないとリフォーム代など余計な不利益を被ってしまうこともあるため、その点も注意しておきましょう。

借り手が現れにくい

敷地面積が広い戸建て物件だとその分賃料が高くなりがちで、数日間滞在できれば良いと考える旅行客の目に止まりにくいのが現状です。コンドミニアムやホテルコンドなどの立地の良さも関係し、借り手が現れにくいので事前に運用計画を考えておきましょう。

まとめ

以上、ハワイの不動産購入における選択肢や戸建てを選ぶメリット・デメリットについてお伝えしました。ハワイの戸建て物件は、運用やリフォームの自由さがコンドミニアムよりも優れているのが何よりも強み。また、価格帯や室内・設備のバリエーションが幅広く資金や好みに合わせた物件選びが可能です。

ただし、そうした魅力的な部分の一方で、立地の関係から借り手を選ぶ傾向がある、メンテナンスやセキュリティについても自身で考えなければならない、といったデメリットも持つので注意してください。ハワイの不動産は需要が下がりにくく、長期保有でも損失を招きにくいため戸建て購入を検討する価値は十分にあるでしょう。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理