【ハワイで不動産購入】ハワイ不動産はどのタイプを選んだらよい?

物件の選び方

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

ハワイに不動産を保有したいと思っている方は、多いでしょう。ハワイは今も昔も日本人に最も人気のある海外観光地の一つです。

この記事を読んでいる方の中にもハワイが大好きな方は多いと思います。

しかしハワイの不動産は日本の不動産とはかなり異なるため、どのタイプの不動産を購入すれば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ハワイの不動産の種類について詳しく説明します。

ハワイ不動産の種類

ハワイで不動産の購入を検討する際の種類は主に4つあります。それぞれの特徴について説明します。

コンドミニアム

コンドミニアムとは、日本でいう分譲マンションのことです。ハワイのコンドミニアムは、日本の分譲住宅のように同じような規格の部屋がたくさん出回っているので需要は安定しています。

賃貸収入を得つつ売却も検討している方には特におすすめの形態です。また管理面も戸建ての場合と違って管理組合があることが多いので比較的楽であるといえます。

しかし、日本にいるのが主な場合、郵便の受け取りなど日常雑務をすることができないので、個別に管理会社を見つけて管理を依頼する必要があります。

売却がしやすいので、売却によるキャピタルゲインと家賃収入であるインカムゲインの両方を狙いたい方には特におすすめの物件形態といえるでしょう。

ホテルコンドミニアム

ホテルコンドミニアムは、ホテルの一室を購入するイメージの不動産の形態です。主にハイクラスのホテルが対象でオーナーになった部屋は自身で使用できるほか、ホテルに管理委託する形で他者に短期貸し(バケーションレンタル)することも可能です。

ホテルコンドミニアムは、日本の不動産にはあまり見られない形態なので日本人には馴染みがないかもしれませんが様々なメリットがあります。

・短期貸しもでき自身での短期利用も可

通常のコンドミニアムは、30~180日以上での貸し出しを行わなければいけませんが、ホテルコンドミニアムの場合は1日単位で貸し出しを行うことができます。そのため、短期宿泊客の需要はホテルコンドに流れやすいです。

ホテルの一室といえど自分の所有物なので、ハイシーズンでも問題なく滞在することができます。また所有権は自分にあるので友人に貸し出すことなどもできます。 ハワイのハイシーズンのホテル代は非常に高いので好きな時に短期利用できることは大きなメリットといえるでしょう。

・管理・運用が楽

また管理も非常に楽です。所有権はオーナーにありますが通常のホテルとして運用にされるので管理面はホテルが行ってくれます。

ホテルの運営会社がコンシェルジュサービス、アメニティや備品の補充及び清掃、レンタル運営まで一通り行ってくれるので、部屋内の管理で悩むことはないでしょう。

一方、ホテルコンドミニアムのデメリットは、ホテルの一室なので自分がオーナーであるという実感が湧きにくいこと・自分がオーナーにも関わらず宿泊する際はホテルに予約が必要なこと・管理費が通常のコンドミニアムよりも高いことです。

また宿泊収入でローンの支払いや固定資産税など経費のすべてを補うことは難しいようです。しかし経費の一部を補うことはできるでしょう。

短期での貸し出しをしたい方や管理をするのが面倒な方にも向いている物件形態です。ハワイでの不動産購入が初めての方でも安心して運用できるでしょう。

戸建て

ハワイにも戸建てはあります。しかしハワイは土地に余裕がないため、戸建ては一般的に、ワイキキなどの中心街ではなく郊外にあることが多いです。

そのため、基本的に車は必須になるでしょう。また郊外の場合、賃貸の需要はあまりないため自分の別荘として使うことが一般的になります。

戸建てなのでコンドミニアムとは違い自由にリノベーションをすることができるので、こだわりの家に住みたい方にはおすすめの形態です。

また日本の一軒家と違い、土地が広いのでプールなどがついていることが一般的です。ハワイに長期滞在することが多く友人を招いてパーティなどを頻繁に行う方にもおすすめです。

タイムシェア

タイムシェアは、先ほど説明したホテルコンドミニアムを複数の所有者で持つことを言います。通常1週間程度ホテルコンドミニアムを利用する権利を買うことが一般的です。

ホテルに普通に泊まるのとは何が違うかというと、あくまで所有権を持っているので自身の資産になることです。

まとめ

今回は、ハワイの不動産の種類について説明をしました。ハワイは有数の観光地だけあって非常に人気の高い場所です。

不動産価格は安定していますし、法人で購入すれば節税のメリットもあります。自身の生活スタイルや保有目的によって得られるメリットを考えたうえで、購入する不動産のタイプを賢く選びましょう。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理