【ハワイで不動産売却】売り出し価格の設定方法とは

売却について

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

ハワイに所有している不動産の売却を検討している場合、どのような手続きを踏めば良いのでしょうか。

日本で不動産を売却しようと考えた場合は、いくつかの不動産屋に依頼して売買の仲介をしてもらうのが一般的だと思います。しかし、ハワイでは事情がまったく異なります。

ハワイで自分の所有する物件をできる限り高い金額でスムーズに売却をしたいのであれば、経験が豊富で、物件がある地域や売却をしようとしている不動産のことをよく知っている、信頼のできる不動産エージェントを選定したうえで売却活動を始めることをおすすめします。

そこでこの記事では、ハワイで不動産を売り出す方法と売り出し価格の設定方法について見ていきます。

不動産エージェントによるMLSへの掲載

MLSへの掲載

ハワイに所有する不動産を売却しようと考えたら、まず信頼のできる不動産エージェントを探すところから始めてください。

ハワイの不動産エージェント(宅地建物取引士)との契約は、日本とは異なり基本的に専属専任媒介となります。日本のように複数の業者に売却を依頼するような形は一般的ではありません。

日本の不動産会社だと固定給をもらっている従業員が取引を行うのですが、ハワイのエージェントは自身の費用負担で仕事をする個人事業主のようなものです。

ハワイには不動産エージェントが100社以上あるので、その中で自分の資産の売却を任せられる信頼のできるエージェントを選ぶことは非常に重要なことになります。

不動産エージェントと契約を結ぶと、売却したい物件をMLSという不動産データベースに掲載してくれます。

MLSとは

MLSは売却不動産が登録されている米国の不動産データベースです。MLSというのは、Multiple Listing Serviceの略であり、すべての物件がデータ化されています。

日本にもレインズというデータベースがありますが、アメリカの場合は透明性を担保するため、MLSに登録せずに自社で囲い込んで販売したりすると厳しい罰則を課しています。網羅性や情報の多さという点では、MLSのほうが情報の充実した優れたデータベースであると言えます。

エージェントはMLSに登録するだけでなく、自身のWebサイトや不動産情報雑誌などにも広告をしてくれるのです。

売却手続きでは実際の査定を踏まえて売却価格を決めます。ハワイでは、毎年固定資産税を決定するためにアセスメントという通知が来ます。その通知を見ることでおおまかな不動産評価額はわかるのですが、実勢価格とは異なることもあるでしょう。

不動産エージェントはMLSを活用して競合物件の売買履歴などを確認して、売却を検討している不動産の実勢価格を教えてくれます。

MLSは自分で検索できるの?

▲MLSサイトトップページ

MLSは自分でも検索することができます。MLSは不動産取引の透明性を担保するために作られたシステムですので、誰でも検査して詳細なデータまで確認できるのです。

それだけでなく、一部の物件では、対象となる不動産物件を3Dで内見することも可能になっています。

MLSは写真だけでなく3Dシステムを搭載しているので、部屋の間取りや奥行きなどがより見やすいように作られていて、実際に部屋を内見しているようなリアルな体験をすることができます。

ハワイにある物件は、すべてこのMLSという不動産データによって管理されています。MLSには売却に出されている不動産の情報が細かく記載されているため、いつどこででも不動産情報を十分に得ることができるのです。

MLSの情報を参考に売り出し価格を設定

MLSでは今までに取引された過去の物件もすべて閲覧することができるため、物件がどのような金額や条件で売買されたのかを調べることも可能です。近隣の同クラスの不動産がどの程度の価格で売却されたかも簡単に調べることができます。

こうした地域別の価格相場や同じような条件の物件の場合の適正価格を知ることで、売却時の適正価格というものもわかります。ただしこの適正価格は時と場合によって変わるものでもあるため、自身の不動産の価格設定をする際の参考にするくらいのつもりで考えておいたほうが良いでしょう。

このようにMLSは不動産を活用して、現状の不動産マーケットの状況を調べます。MLSに掲載されている物件は、これから売却する自身の物件と競合する物件になるのです。こうした競合物件がどのような価格帯で売りに出されているかを調べることも、売り出し価格を決める上で重要なポイントになります。

たとえばMLSに同タイプの部屋が出ていれば、上下階などの関係性で売却を検討している物件のおおよその価格が想定できます。また別タイプであっても全体の単価などから割り出して、概算の売却価格を把握することができます。

また同じような条件でも、平均を上回るような売却価格のつく物件もあります。このような物件には、他の物件にはない強みがあると考えられます。

たとえば物件が高く評価される条件には「眺望の良さ」や「立地」などが挙げられ、このような物件は物件を売却するときにも、高く評価されるため強気で売り出し価格をつけることもできます。

まとめ

ハワイで不動産の売却をするときは、まず信頼のできる不動産エージェントを探してください。日本のようにいくつもの不動産会社に売却を依頼するのではなく、ハワイではエージェントと専任契約を結んで売却に関する手続きを行ってもらうことになります。

ハワイにはMLSというシステムがあり、売却する不動産はすべてこのMLSに登録することになります。MLSに掲載せずに不動産の取引をすることは、透明性の担保の上からも禁じられています。

MLSには売却に出されている不動産がすべて掲載されています。また過去に売買された不動産もデータベースに掲載されていますので、そこから自分の売却する不動産と似たような条件の不動産の売買履歴を確認して、実勢価格にあわせて不動産の売却価格を設定します。

またなかには眺望や立地などの条件が良く、近隣の不動産より高く売却できることもあります。不動産の売却価格を決定するときは、信頼のできるエージェントとよく相談して決めるようにしましょう。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理