【ハワイ不動産購入・体験談】こんなはずじゃなかった…実際にあったトラブルとは?

体験談

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

日本人の旅行先として人気が高いハワイで、不動産を購入しようと考える方も多いのではないでしょうか。

観光地として人気のあるハワイですから、賃貸収入も得やすいのではないかと考えて不動産を購入してみたという方もいるでしょう。しかし思っていたように賃貸収入を得ることができなかったり、管理上のトラブルが発生したりといったように、うまく不動産を活用できないケースもあります。

そこで今回は、不動産購入の失敗事例に触れながら、投資用に購入した方がよい不動産について紹介します。

立地による失敗談

ハワイは人気の高い観光地であるため不動産価格も堅調で、また需要も途切れることがないことから不動産投資により資産価値を高めている人も数多くいます。

しかしなかには慣れない海外での不動産投資により、利益を上げるどころか損をしてしまったり、思いもよらぬトラブルに見舞われてしまう方もいます。

この記事ではじめにあげるのは、立地による失敗談です。

ハワイでもとくに人気の高い観光地はワイキキビーチでしょう。 そのワイキキに近いコンドミニアムに空きが出たと言うことで、内装などを確認してみたところ、きれいに整っており好感の持てる物件でした。購入価格も比較的安く、きれいなビーチの写真なども紹介写真の中にあったため良い物件という印象。

そこで実際に物件を下見し特にこれといった問題もなかったため購入し、さっそく賃貸に回したところ、結果的になかなか借り手がつかなかったのです。 部屋の中はきれいな物件だし、設備的にも問題ないはずだし、人気の高いワイキキビーチに近いのに借りる人がいないのはおかしいと思っていろいろと原因を探ってみたところ、原因は物件の立地にありました。

ワイキキといえばビーチです。ワイキキ地区にあるコンドミニアムだといってもビーチから離れていては人気も劣ってしまいます。

下見をしたのになぜこんなことになってしまったかというと、下見をしたときは全て車で移動していたため、ビーチからの距離感が分からなかったためでした。

結果的に賃貸価格を下げることで借り手はついたのですが、目当てにしていた部屋を貸出したことによる家賃収入(インカムゲイン)は思ったように得ることができませんでした。

セキュリティ・管理による失敗談

セキュリティ・管理による失敗談 続いての失敗談は、セキュリティや管理によるトラブルに巻き込まれた例です。

物件選びは海や商業施設からの距離、周辺の人通りなどもしっかりチェックしたうえで、最終的には清潔さを重視して購入を決定しました。

しかし、物件を貸し出す前に物件に問題があることが判明しました。 貸出をする準備を始めていたところ、管理会社から物件に欠陥が見つかったとの連絡が入ったのです。実際に現地に行ってみると、その物件はいくつもの問題を抱えたまま放置されていたことが分かりました。

ハワイの物件で注意しなければいけないのは水漏れの問題です。この物件も壁の中での水漏れが起きているまま放置されていたために、水道管や壁が傷んでしまったのです。壁や水道管を含めて何ヵ所も補修をしたために、余計な出費を余儀なくされました。

ハワイで物件を購入するときには、ホームインスペクションという物件点検専門業者に物件の調査を依頼することができます。このときはホームインスペクションを利用しなかったために、購入後にトラブルが発覚してしまったのです。 修理費用を負担することになったために、予定していたインカムゲインを下回る結果になってしまいました。

つづいては管理費用での失敗談です。

仲介業者から物件を購入する際に、当然管理費用などについても提示があるのですが、仲介業者からの提示がないまま管理費用を確認することなく契約を進めてしまったケースです。

実際に物件を購入したところ、管理会社から思わぬ金額の管理費用を請求されました。要するに、仲介業者が管理費用についてごまかして物件を売りつけたわけです。 仲介業者に連絡を取ろうとしたら、すでに店をたたんでしまっており連絡が取れませんでした。

これは仲介業者が悪質な場合ですが、海外での不動産取引を行うときは、信頼できる仲介業者を選ぶことが重要だということがわかる事例となります。

貸出による失敗談

ハワイの投資用物件といえばコンドミニアムです。しかしなかには自分の別荘にも使いたいからと言う理由で戸建ての物件を購入する方もいるかもしれません。

別荘として利用しようと考えて購入したけれど使う機会が少ないので、自分が使わない期間を賃貸用に回してしまおうというように利用目的を変えることもあるでしょう。

しかし戸建ての場合はコンドミニアムに比べて貸し出しにくい場合があります。とくに自分が別荘として年に1、2回使うような場合であれば、自分が利用しない間を効率良く貸し出そうと考えてもなかなか難しいでしょう。

なぜなら戸建ての場合は1年以上の賃貸契約がほとんどで、1年以下の短期で借りたいという需要が少ないためです。 はじめから賃貸用として購入しているわけではないのですが、戸建てを短期間貸し出すことは難しいため、インカムゲインを目当てに戸建てを買うのは少々難しいかもしれません。

まとめ

ハワイは人気のある観光地です。堅調な不動産需要があるため、インカムゲイン目当ての不動産投資を行っている人も多く、なかでも投資用物件としてのコンドミニアムの人気は高いものがあります。

ただし、どのような物件でも賃貸収入を得られるわけではありません。人気のあるビーチや街などの物件であれば賃貸需要も高いですが、少し距離が離れた場所だと思ったような価格で貸し出すことができないことも多いようです。

また、慣れない海外での不動産投資ならではのトラブルもあります。物件自体のトラブルであったり、仲介業者とのトラブルであったり、問題はどこに発生するか分かりません。

戸建てを短期で貸し出すのは需要が少ないため、インカムゲイン狙いであればコンドミニアムがおすすめです。インカムゲイン狙いで不動産投資をするのであれば、需要の高いコンドミニアムを、信頼のできるエージェントから購入すると良いでしょう。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理