【ハワイで不動産購入】ハワイの銀行で融資を受けるには?

購入時のコスト

公開日:2020.06.15 更新日:2020.06.15

リゾート地として長い間人気を保っているハワイですが、なかにはハワイが大好きで遊びに行くだけではなく、ハワイに自分用の別荘を持ってみたいとか住んでみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

また、ハワイは不動産投資の対象としても人気の高い場所です。ハワイのコンドミニアムなどを購入して賃貸収入を得てより良い暮らしをしたいなどと考えている方もいることでしょう。

そこでこの記事では、日本に住みながらハワイの銀行で融資を受ける方法について見ていきます。

ハワイで住宅ローンを組む場合のメリット・注意点

ハワイの銀行で住宅ローンは組めるのか

日本在住者がハワイの不動産購入をするにあたり、ハワイの銀行で融資を受けることはできるのでしょうか。ローンが使えるか不安になる方もいるかと思いますが、条件はありますがハワイの銀行でローンを組むことは可能です。

ハワイの銀行のなかには日本語で対応ができる銀行もあり、言葉の違いという障害を感じることなく融資を受けることができるようになっています。

不動産購入は高額な買い物です。海外の不動産を購入するときは、言葉の違いにより意思の疎通がうまくできず、間違った解釈や対応をしてしまわないかといった不安も大きいでしょう。

しかし日本人向けのローンを行っている銀行の場合、窓口の対応が日本語でできるというだけでなく書類もすべて日本語のものが用意されているため、スムーズに取引を行うことができます。

日本語が通じるということは、ハワイでの不動産購入を希望している人にとって言葉の面での不安を取り除いてくれるため、大きなメリットがあるでしょう。

ハワイの銀行で融資を受ける上での注意点

ハワイの銀行の不動産投資に関する金利は平均で4%~5%と、日本の銀行から融資を受けるより金利が高い傾向にあります。この金利はハワイの住民の0.5~1.0%増しの数字です。不動産投資という点から考えると、購入物件の実質利回りが低い場合には赤字になってしまう可能性が高くなります。

また融資を受ける際に限度額があることが多く、自己資金で半分以上用意しなければ不動産を購入することができないこともあります。ほかにも地理的な条件がつけられていることも多く、融資可能な場所に制限がある場合もあります。

どのような銀行が融資を行っているのか

ハワイでは不動産ローンを組む際に、事前にローンオフィサーによる審査を受けるケースがほとんどです。ローンオフィサーは融資を希望する人の状況を確認して、どこの銀行のどのローンが良いか診断し、最適な条件のローンを探してくれます。

こうしたローンオフィサーが紹介する銀行には、以下のような銀行があります。

●バンク・オブ・ハワイ

ハワイの中でも信頼度の高い銀行です。ワイキキ支店には日本語対応できる行員が常駐していますが、混み合っていることも多く、確実に対応してもらうためには予約が必要です。

●ファースト・ハワイアン・バンク

ハワイ最大の銀行です。ダウンタウン本店のほかに3つの支店に日本語スタッフが常駐しており、日本在住者向けのローン商品も用意されています。

●セントラル・パシフィック・バンク

以前は住友銀行がサポートしていたこともあり、ハワイで一番日本人への対応がいいと言われています。ワイキキ支店には日本人スタッフの数も多く、日本語で操作できるATMも用意されています。

ハワイで住宅ローンを組む際の申込方法とは

ハワイの銀行で住宅ローンを組む際の申込み方法は以下の通りです。

まず、融資申込書を記入して、融資を受ける本人が銀行の融資担当者に直接会って申込みをします。その際、銀行がローン審査などを行うための手続き費用の一部として、数万円~十数万円を支払います。そのほかに必要となる資料として、不動産契約書のコピーや、借地料、借地期間などの資料も用意します。

続いて融資を受ける人の所得証明書や、銀行口座の残高証明書、確定申告書、納税証明書などの各種証明書を用意します。他の銀行でローンを借りている場合はローンの支払書、他にも不動産を持っている場合はその権利書のコピーなども用意する必要があります。

こうした書類を準備している一方で、銀行側は購入物件の不動産鑑定や、融資を受ける人の信用調査を行います。

こうした審査が全て通れば、無事に融資を受けられるのです。

どの程度の融資をしてくれるのか

では実際に、金融機関はどのくらいの金額を融資してくれるのでしょうか。基本的には月収に対する毎月の返済額の割合が25%~30%以内になることと、物件評価額に対し頭金(自己資金)の割合が30%以内(投資物件の場合、自宅の場合は20%以内)であることが重要になります。

ただし、これは現地に居住している人の場合なので、日本在住者が融資を受ける場合は、物件評価額に対し30%~50%程度自己資金の用意が必要です。

ここでいう物件評価額とは、銀行が指定した鑑定士による評価額です。自治体の固定資産税評価額が鑑定士の評価額より低い場合はそちらが採用される場合もあります。

条件を検討して自分にあった銀行選びを

ハワイの不動産を取得しようと考えている一部の方は、ローンを借りて不動産を購入すると思います。日本在住者がハワイの不動産を購入する場合は、購入物件の半分程度を自己資金で用意する必要がありますが、条件さえクリアできればハワイの銀行でもローンを組むことが可能です。

海外の銀行からローン融資を受けようとすると、日本の銀行とは異なるさまざまな条件がついてきます。ハワイの場合は、日本からの不動産購入も快く受け入れており、日本語の窓口や日本語の書類を用意している銀行もあるので、比較的融資を受けやすい体制が整っているといえるでしょう。

比較的融資を受けやすいとはいえ、銀行ごとに条件は異なります。ハワイの銀行から融資を受けて不動産を購入する場合は、銀行ごとに異なる条件をよく検討したうえで、自分の条件にあった銀行を選ぶようにしてください。

記事一覧

ハワイ不動産購入

購入方法・プロセス

購入時の名義と権利

物件の選び方

購入時のコスト

節税について

不動産マーケット

物件の利用方法

体験談

最新情報

ハワイ不動産売却

売却について

所有者(オーナー)向け

購入後の手続き・必要事項

修繕・管理